会社概要 会社沿革 主要ユーザ 取扱いメーカー 取扱い製品 海外活動 丸昌グループ お問い合わせ



〜 フィリピンの今 〜


 2018年7月24日
 
(フィリピン 視察レポート 2015年6月22〜25日)
(フィリピン 視察レポート 2014年3月22〜28日) 


           〜 カンボジアの今 〜             〜 ベトナムの今 〜
   
              〜 ラオスの今 〜  
   


 

 
 2018年版


7月23日

就任してから3回目の施政方針演説で、ドゥテルテ大統領は、国の仕組みを連邦制に移行すると演説、

ミンダナオ島でのイスラム教徒の自治政府樹立に向け動くようだ。リスクがあると思うが・・・。


 
 2016年版


 
2016年5月10日、フィリピンの大統領選でロドリゴ・ドゥテルテ氏が圧勝

 1月1日
 日本との国交正常化60周年を迎えた。



  2015年版


   〜 6月22日から25日までセブへ 〜
 
7月9日  6月22日、PR409便、関空発の直行便でセブ島へ。15:40発〜19:30着

遅れるので有名なフィリピンエアーであるが、19:00にマクタン・セブ国際空港に着陸した。

昨年7月にマニラ、今年はセブ。セブは初めての訪問、どんな都市なのだろう。

 
7月14日  

                    
             ホテルからセブの街並み                    英雄の酋長ラブラブ像の前で


セブ島は、南北200KMの細長い島、中央の東側にセブ・シティがあり、現在の国際空港は、

東側の南北12KM,東西8KMのマクタン島にある。1521年、マゼランはセブ島に上陸、キリスト教を

布教し、刃向うマクタン島の酋長ラブラブと交戦、まさかの敗北、毒矢で命を落とす。

7月23日                      
          投資用コンドの完成模型(マクタン島)            こんな感じで授業が始まる(セブシティ)



セブ島は、今や投資用のコンドミニアムの建設ラッシュと。もう一つは、語学留学生、日本人約2万人

韓国人12万人と言われ、正確な人数はわからない。企業留学も多く、マンツーマンの授業と宿泊が

セットで、週6〜8万円。食堂も見晴らしのよい高層階に完備。若ければ即留学したいが・・・・。


                       
                       マクタン島へ向っているのですが・・。



空港のあるマクタン島とセブ・シティは2本の橋で結ばれている。

空港から宿泊ホテルまで、混んで約50分もかかった。(ウォータフロント・セブ・ホテル)

帰国日、朝の6時15分出、20分で空港着。

インフラがおっつかない、工事しまくりで、時間に正確な日本人はヒヤヒヤものである。



                    
         アラヤ・センターセブ(なんでもあります)           アラヤ・センターセブの中庭。ここはマニラか・・。


好きなマンゴー、1キロ、ちょと大き目4個で、40ペソ。約120円、おいしかった。

小さいのは1キロ30ペソ、約90円。

ビールは30〜40ペソ、90〜120円。サンミゲルのラガーは、うまい・・・。ホテル120ペソ。飲まない。


                    
           昼食はマリバコ・ビーチ・リソートで              誰もいない最高のロケーシャンでした。




                        
                       マクタン島の最高峰・シャングリラホテル


ゾートホテルは、マクタン島に多い。一泊2〜5万円、上限はかぎりなく・・・・。


                                  
                            ITパーク


セブシティのITパーク。近代的なビル群で開発中、若人の街。有名コーヒー店も増殖中。マックあり、

もちろん、有名留学学校もあり。




                   
                カルボン・マーケット                    カルボン・マーケット


民の市場は、カルボン・マーケット。プノンペン、ミャンマーのヤンゴン、ラオスのビエンチャン

などのマーケットに顔をだしたが、カルボン・マーケットは目が覚める。殺気が感じられる。

奥へ入って行くと、怖いと感じる。(私し、もちろん、現地の人と行動しています)

暑いときに、寒くなりたいのなら、おすすめですが・・・・・・?


                                               (おわり)

 

                                           
 
2014年版

 
7月31日
8月5日
    更新
                  〜 7月25日から28日までマニラへ 〜


  30年ぶり、5回目のマニラへ、 金曜日の午後1時着、入管もスムーズで15分、荷物を待っても

30分で外に。以外に早く出る事ができた。



                     
                     左のビルがマンダリン・オリエンタル


しかしマカティー地区のホテル、マンダリン・オリエンタルまで車の混雑で1時間15分かかり、

これには参りました。メトロ・マニラまでならプラス20分か・・?


                      
                      マンダリン・オリエンタルのプール


見覚えのあるニッコーホテル(現デュシタニ・マニラ)を右に見ながら、初めて見る首都圏鉄道の横を

新都市マカティーへ。ビル群とマンションかコンドか、建設ラッシュ。


                     
                   マカティの新都市、グリーンベルト内の中庭
                                    (アラヤ財閥が開発している)



地下鉄などのインフラ整備を、早く本気でやれば、もっと効率よく都市機能が発揮できる。

30年前の日本のインフラと、現在の複合都市が同居しているようなもの。

移動しなければよいのであるが。



                     
                    グローバル・シティ(ボニファシオ)の新都市
                                   (アラヤ財閥が開発している)




口は27日に1億人になったそうな。面積30万平方キロメータ―(日本の0.8倍)。

1000万人が出稼ぎで海外へ、国内への送金額2〜4兆円と言われている。




                    
         グローバル・シティ内のマーケット                    海鮮料理で有名なハーバービューからパチリ



                                        (写真説明、8月5日更新)



                                            

 



Home