会社概要 会社沿革 主要ユーザ 取扱いメーカー 取扱い製品 海外活動 丸昌グループ お問い合わせ

 製品リスト
コーンクラッシャー 製砂機 最新製砂プラント インパクトクラッシャー モービルクラッシャー
リサイクルプラント 物流機器 自家発電システム 公害防止器具 パーツリスト
サンドビック社 (旧 EXTEC SCREEN AND CRUSHERS LIMITED) SSAB スウェーデン・スティール社

 新  サンドビック(株) SMCカンパニー                      2018年10月18日
   EXTEC SCREENS AND CRUSHERS LIMITED (イギリス)               


 −−−−−−−   〜 公共事業は子孫への贈り物 〜 −−−−−−−





サンドビック・マイニング・アンド・コンストラクションジャパン(株)は、

4月1日に親会社のサンドビック(株)と合併しました。

合併後の名称は、
サンドビック株式会社 SMCカンパニー

(2013年4月1日)




エクスティク社は2007年5月にサンドビック社のグループになり、新たに発進しました。




                                                                     Home

   


  2018年版

 
      自走式破砕機については、随時入荷中ですのでお問い合わせください。


最新の納期情報は、お問い合わせください。






  最新タイプのQE241 コンパクトスカルパー

ぞくぞくと日本に上陸。

お問い合わせください。






 
   
   
  2017年版

 
  2月21日 
  最新タイプのQE241 コンパクトスカルパー

日本に上陸中です

お問い合わせください。








 
   
  2016年版

 
  11月1日

   〜  NEW サンドビック自走式選別機のお知らせ  〜

QE241 コンパクトスカルパー


新作1号機が9月末に、日本に上陸しました。

お問い合わせください。






   6月8日
   〜  NEW サンドビック自走式選別機のお知らせ  〜

ロボターボが、新コンセプト(改良タイプ)で生まれ変わります。

新作1号機・8月に上陸予定です。




  1月4日・ 2月4日
  〜  サンドビック自走式選別機のお知らせ  〜



ロボトラックQE140(自走式選別機・2種類の分別) 


ターボトラック(丸昌ネームです。自走式選別機・3種類の分別

新コンセプト(改良タイプ)で生まれ変わります。

新商品は6月頃入荷予定です。

もうしばらく、お待ちください。



 
  2015年版


 
  2015年 8月13日
 
  サンドビック自走式選別機・破砕機の納期



ロボトラックQE140(自走式選別機・2種類の分別) 即納体制を取っていますが

需要旺盛で納期4ヶ月となっています。



(クリックお願いします)



クリック
お願いします、サンドビック社の機種が現れます

中型自走式クラッシャー&スクリーンクリックしてください


ロボトラックQE140機種説明
(クリックお願いします)





    
    


ターボトラックQA140(自走式選別機・3種類の分別 納期3ヶ月ですが

ターボトラックQA140製造停止との情報があり、交渉中です。

ワンランク・アップの機種を量産したいようです。



 






   自走式破砕機については、随時入荷中ですのでお問い合わせください。


最新の納期情報は、お問い合わせください。






   

  2014年版



 
  2014年 6月10日           〜 ヒルヘッド2014 開催 〜

  国際的な建設機械展、ヒルヘッド2014(2年毎)が

6月24日から26日まで開催されます。


サンドビック社も実機にてデモします。


お立ち寄りください




4月15日から21日まで、新ミュンヘン国際見本市会場開催されていました。
 
   〜 コネスポ2014・最新ニュースが発信されています 〜



国際的な建設機械展が3月4〜8日まで

ラスベガスにて開催されました。


サンドビック社も出展しました。

(クリックお願いします)
   
   
   
   
  2013年版


 
  2013年 4月23日           〜 バウマミュンヘン2013 閉幕 〜
      
5月1日更新
        

   


    国際的な建設機械展、バウマミュンヘン2013(3年毎)が

4月15日から21日まで、新ミュンヘン国際見本市会場開催されていました。



2010年はアイスランドの火山灰で渡欧できませんでしたが、

2013年は、入場者は54万人、出展社数は、57ヵ国から3420社が参加しました。





当社と取引のある
サンドビックさんも出展され。

15日と16日、当社の小坂(浩太)がブースにてお待ちしました。

お立ち寄り、ありがとうございました。





   

  2012年版

 
  2012年11月30日        〜 バウマチャイナ2012が開催された 〜

 
 

 
   
11月27〜30日まで、バウマチャイナ2012が上海で開催された。


11月27日のオープンの日に視察しました。

朝から太陽が顔をだし、寒さも和らぎ、展示会びよりになりました。



         

交通規制で歩くこと、10分。会場前に到着し記念撮影




2年毎の世界建設機械見本市、尖閣問題による日中関係悪化で


建機メーカーのコマツ、日立建機、コベルコが出展を取りやめ、(やめさされ)


中国の建機大手である三一集団のみが目立ったバウマチャイナでした。









主催者の発表では、入場者数は16%増の、18万人。


海外からは、ロシア、韓国、インド、マレーシア、次に日本。




出展者数は46%増の、38ヶ国から2718社。中国から1837社で、


次にドイツの172社、イタリア122社、日本は5番目の49社との事。




2012年度の
敷地面積が約30万平方メートルと30%増となった。





 

サンドビック・マイニング社は、屋外のF−50で実機展示しました。 



アジア担当のイーモンさんとサンドビックハウスの前で



お昼すぎから、参加者がどんどん増えて、ハウス内も訪問客でいっぱいになりました。


                      

                 移動式破砕機                            サンドビックの建設機械の展示

             
 次回開催は、2014年11月25日(月)から28日まで。


 
 視察レポートを後日アップします。




 
  2012年7月30日           〜 サンドビックQJ241が重機対決 〜

 
 
 
サンドビック製の自走式破砕機=フジテレビより

                      
サンドビッグ製の自走式破砕機(左側)                                 センターラインに近ずく様子

  月29日、日曜日、午後7時から、フジテレビの人気番組 「ほこ*たて」で重機対決が行われました。

サンドビックが勝つか? 残念ながら負けましたが。4社メーカーの熱い重機対決は

暑さを吹き飛ばす迫力がありました。応援ありがとうございました。




 
  2012年5月10日
 
  5月18日に開催される、日本砕石協会兵庫県支部総会にて、ロボトラックをPRいたします。


 
   
  2011年版
   
  2011年12月14日   〜 サンドビックが上海の鉱山機械メーカーを買収 〜

 
 

 

2011年10月20日にサンドビック社が、中国の鉱山機械メーカー大手の

上海建設機械設備の株式80%を取得し、買収した。


           
 
                 
     山宝(ブランド名)の新工場(2010年10月 小坂=撮影)               山宝の旧工場(2010年撮影)


昨年、サンドビック社にスウェーデン・スティール社から新CEOが就任した、前社では、米国の

電炉メーカーを7000億円で買収し驚いたが、サンドビック社のCEOになり

今後もインドなどの鉱山機械メーカーを買収すると思われる。


 (文責 小坂佳三)



 
  2011年11月21日   〜  サンドビック・創立50周年記念式典が閉幕 〜
 
 
 
 
                     
          新CEOオロフ・フィクサイダーの歓迎挨拶          駐日スウェーデン大使・ヴァリエ氏の挨拶

 サンドビック・創立50周年記念式典が11月11日、東京の帝国ホテルで開催され、

海外からの招待客を含め350名がお祝いに集まった。
 


                     
              サンドビッグ社のグループ会社紹介の懇親会         招待を受けた矢野社長殿(左から2人目)と
                                                         当社の小坂(左から3人目)


 サンドビック社は、総売り上げは1兆1000億円、海外130ヶ所の事業所、

従業員数は4万9000人で、日本の従業員数は600人だ




 
  2011年10月25日更新  8月29日 8月12日  7月28日 
   
 
 
現在の納期        ロボトラックQE140    即納体制です。


               ターボトラックQA140   
来年1月着予定です。


                       
丸昌の各支店までお問い合わせください。


 
〜 ロボトラックQE140 日本上陸中 〜  

     

2011年3月26日、ロボトラック(右側の写真)を栃木県T社殿に納入しました。

左側の写真は昨年12月納入したサンドビック社の移動式破砕機です。




 
 
 
  2011年3月11日    〜 ターボトラックQA140 日本上陸中 〜  
   

2011年2月19日、ターボトラックQA140型、日本での1号機を納入しました。 

K社(徳島県工場)殿に納入しました。

イーモンさんが3月7日に来日され、アメリカやインド経済が急回復しサンドビック社は

大忙しで、現在の納期が3ヵ月以上かかりるとの事で、打ち合わせ中です。

1月・2月のオーダーは、全機種で月に140台ありで

我が日本国の市場は、かすんでいます。



 
  2010年版 
   
  2010年12月1日       〜 バウマ上海2010が閉幕(2年毎) 〜  
 

 
第5回目の「バウマ上海2010」が11月23日から26日まで上海新国際見本市会場にて

開催された。出展企業は30か国、1700社。来場者は12万人規模。


     
当社の小坂(ssabにて)                サンドビック社のブース


当社と取引のある、スウェーデン・スティール社とサンドビック社も展示した。

サンドビック社から
イーモンさんと、当社から

小坂
(取締役本部長)がお待ちしました。



 
 
  2010年9月22日 
  現在、「 ロボトラックQE140 」の納期は1ヵ月です。丸昌までお問い合わせください。 
   
2010年8月12日

8月12日現在、「 ロボトラックQE140 」は即納体制です。丸昌までご用命ください。






2010年7月13日

〜 ヒルヘッド2010視察レポート 〜

 〜クリックお願いします7月13日〜

          
6月21日 全景写真                        実機稼動スタンバイ
イギリスのヒルヘッドで6月22日から24日まで、3年ぶりにヒルヘッド2010が開催されました

サンドビック社は実機5機を稼動させ、6機を展示しました。




  2009年版 



2009年11月9日     〜 サンドビック・上海新工場落成式典レポート 〜


2009年9月17日に上海にて、サンドビック・マイニング・アンド・コンストラクション上海工場の「新工場落成式典」が、

世界から400名が参集し開催された。日本からはサンドビッグさんから5名と招待会社9名の14名がかけつけた。



メイン会場

海市のジャディング地区の工業団地に位置し、鉱山機械のデモストレーションもできる広大な土地と建屋であった。


        
          上海工場                    



     
あいにくの雨模様であったが、中国の人は、大いに盛り上がっていました。




 サインをした当社の小坂


部品類の在庫は自動倉庫にて管理され、破砕機のマントルやコーンは屋外在庫でした。

                                   
                      自動倉庫                             ストックヤード



36インチクラスのジョーの在庫、移動式破砕機や移動式スクリーンの在庫も増やすとのことであった。


                                   
                         ジョークラッシャー                   移動式選別機


サンドビック社の世界戦略。高度成長する中国への積極な投資。日本の破砕機メーカーはどうするのかーーー。



 おわり。(2009年11月9日




2009年5月2日


4月28日に「 ロボトラックQE140 」が日本に上陸しました。

〜 ロボトラックQE140 日本上陸 〜
4月28日、ロボトラックQE140の日本での1号機を納入しました。

ロボトラックQE140(extec社からサンドビック社


                

サンドビック社は本格的に日本市場戦略に取り掛かった。当社もエクスティク社との10年の実績をいかし、


今後も新会社、サンドビック社のロボトラック、ターボトラック、移動式破砕機を販売します。



2009年1月23日

2009年1月19日にサンドビック社のイーモンさんが来日され、新ネーニングや塗装について5月より

新しくなるとの事。

バウマ上海2008にて



  2008年版 
   
2008年8月10日

EXTEC社はオーナーのパット・ダグラス氏がご逝去され、2007年5月にサンドビック社が買収しました。

新戦略でもって、2008年12月より、新ネーニングで機種発表される予定です。






エクスティク時代のカタログより

〜 下記の写真は順次、更新してゆきます。しばらくお待ちください 〜


2009年5月よりサンドビック色に変更されました。


エクスティク社は2007年5月にサンドビッグ社グループになりました。


  簡易プラント(自走式プラント)
メガバイト   ターボトラックとメガバイト



  ターボトラック(自走式選別機)
ターボトラック  
3機種の選別   111馬力(82kw)
BF4M-1012C   水冷4気筒
重量   22t


  ロボトラック(自走式選別機)
アストロコーン  
2機種の選別   111馬力(82kw)
BF4M-1012C   水冷4気筒
重量   21.5t


新機種名に変更されます。お問い合わせください。
 
メガバイト/ピットブル  
メガバイト(自走式破砕機)  
1100mm×700mm(44×28)  
340馬力(254kw)   BF6M-1015
水冷6気筒   重量 44.9t

ピットブル(自走式破砕機)  
900mm×600mm(36×24)  
164馬力(122kw)   BF6M-1013E
水冷6気筒   重量 25.7t







 Home
 丸昌のトップページへ